あおのラララ♪ライフ

50代主婦の暮らしを楽しむブログ

ベトナム・ハノイ3泊4日の旅②・2日目(世界遺産ハロン湾1dayクルーズ)

こんにちは!あおです。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

今回の記事では

旅の2日目「ハロン湾1dayクルーズ」

振り返ってみたいと思います。

 

前回の記事の続きになりますが

よろしければお付き合いください。

 

aoraku.com

aoraku.com

 

2日目(11/21)・ホテルの朝食

 

2日目は、ハロン湾クルーズを楽しむために

日帰りツアーに

参加することになっていました。

 

早起きしたので

朝食ビュッフェも一番乗り!

 

種類も豊富で

フォーや卵料理などは

その場で調理してくれます。

スイーツにフルーツもたくさん!

目移りしてしまいます。

 

何度も言いますが

成田前泊カプセルホテルと

あまり変わらない宿泊費なのに

この朝食ビュッフェもついているなんて!

感動です!

 

 

しかしこの後、長時間バスに乗るので

お腹を壊しては大変!

「欲張らず、ほどほどに…」

と自分に言い聞かせながら

もりもりいただきました。

ベトナムの国民食

朝食としても親しまれているフォー

やっぱり美味しい!

 

ハロン湾日帰りツアー

 

ハロン湾クルーズを楽しむためには

ハノイから日帰りツアー

たくさん出ているので

それを利用するのが一般的なようです。

 

私達は、夫の希望で

英語ガイドツアーにしましたが

日本人向けの

日本語ガイドツアーもあります。

 

英語ガイドツアーは参加者が多国籍で

ある程度の英語力は必要。

日本語ガイドツアーは参加者全員日本人。

料金はお高めです!

 

私達が参加したツアー料金は

1人100万VDN(約6,000円)

かなりお安いツアーです。

 

バスでハロン湾へ

参加者の各ホテル近くに

バスが迎えにきてくれます。

 

私達のピックアップは午前8時30分。

ガイドさんに案内されて

バスに乗り、出発!

 

ハノイからハロン湾まで

高速道路が開通して約2時間半

行けるようになったそうです。

昔は4時間ぐらいかかったそうなので

ずいぶん楽になりました。

 

ツアーでは途中トイレ休憩を兼ねて

真珠の養殖見学と購入ができるお店

40分ぐらい立ち寄りました。

 

日本で発明された養殖技術により

ハロン湾でもアコヤ真珠が

生産されるようになったそうです。

日本に縁がある場所でした。

 

そして午前11時30分頃には

クルーズ船に乗船する

トアンチャウ島に到着しました。

 

クルーズ船に乗ってランチ

バスに乗っていたのは40名ぐらいでしたが

2隻のクルーズ船にわかれて乗船しました。

 

↓↓私達が乗船した船

 

指示されたテーブルに着くと

すぐにランチ!

私達のテーブルには5人。

 

  

 

夫とアジア系の若い男性が

テンション高く英語で自己紹介をはじめた

と思ったら…

いきなり日本人同士でした💦

 

日本人はいないと思っていたので

びっくり!

 

大阪にお住まいで

関西空港からベトジェットできて

B&Bに宿泊しているバックパッカー男子。

 

転職先が決まったので、この機会に

主にアジアを旅行中なのだとか。

聞けば息子と同じ歳でした。

 

そしてイタリア人女性2人。

ナポリにお住まいで

2人はお友達同士。

ベトナムを旅行中で

昨日ダナンからハノイへ来たそうです。

 

どんどん運ばれてくる料理を

5人でシェアしていただきます。

 

↓↓料理は他にも色々ありましたが、写真はその一部。

 

1人約6,000円のツアー料金に

これらの料理も含まれていると思うと

かなりお得!

普通に美味しかったです。

 

飲み物は別料金。

ハロン湾では

環境のためにペットボトルの

持ち込みを原則禁止しています。

 

隣のテーブルでは

南国系の双子(多分…)の兄弟が

生のココナッツジュース

美味しそうに飲んでいました。

 

 

ココナッツの上部をちょっと割って

ストローをさしただけという姿。

見たことはあるけど

飲んだことがありません。

 

そこで、私も

ココナッツジュースを注文!

飲んでみたら

ほんのり甘くて美味しい~!

 

食事中も窓から見える景色が

気になって仕方がありません。

とにかく早く景色を眺めたくて

食事もそこそこに

2階のデッキに出てみました。

 

わぁ~!

お天気に恵まれ

目の前には青い空と

エメラルドグリーンの美しい海!

幻想的な世界が広がっています。

 

 

波は少なく

静かな水面から突き出す

奇岩の群れは圧巻です。

 

 

ハロン湾について

ハロン湾はベトナム初の

世界(自然)遺産として

1994年に登録されました。

 

世界遺産に登録された理由は2つ。

・自然美や景観美、独特な自然現象を示す。

・地球の歴史の主要段階を示す。

 

長い時間をかけて海水、風雨に侵食された

石灰岩の奇岩、奇形の島々が

無数に点在。

 

その雄大な景色は

中国の桂林に似ていることから

「海の桂林」とも呼ばれています。

 

ベトナム語でハロン湾とは

「龍が降り立った湾」という意味。

 

その昔、空から舞い降りた龍が

外部からやってきた敵を討ち

その時、龍が吐き出した玉石が

岩石となってハロン湾ができたという

伝説に由来しているそうです。

 

①カヤックまたはバンブーボート体験!

このツアーには

3つのアクティビティ(①②③)が

含まれていました。

 

ランチを食べて景色をしばらく楽しんだ後

1度目の下船。

 

ここでは

カヤックかバンブーボートを選んで

楽しむことができます。

 

カヤックに乗るつもりで

水着に着替える人達もいましたが

私達は何も考えていなかったので

濡れる心配のない

バンブーボートを選びました。

 

日本人の大阪君とイタリア人の女性2人は

カヤックにしたようです。

 

別料金ですが(それほど高くなかった…)

「モーターボートにも乗りますか?」

と言われたので

乗っちゃいました!

 

イメージ(右↓)とは違ったけど

奇岩の間を疾走するのは

気分爽快!

 



私達はモーターボートを満喫してから

バンブーボートに乗りました。

 

船頭さんが思いっきり揺らして

楽しませてくれます。

奇岩を間近に感じられる

体験は貴重です!

 

 

岩の下がトンネルのようになっていて

その中をくぐり抜けます。

 

トンネルを抜けると

そこは…

光輝く素晴らしい世界!

 

 

この絶景を、昔

映画で観たことがあるような気がしました!

まるで映画のワンシーンのよう。

 

 

思い出しました!

ディカプリオ主演の「ザ・ビーチ」

 

「ザ・ビーチ」の舞台となったのは、タイの無人島「ピピ・レイ」のマヤベイ(マヤ湾)でした。断崖絶壁の奇岩に囲まれているところもそっくり!

 

感動の余韻に浸りながら

クルーズ船に戻ると…

 

南国系の双子の兄弟が

ナイフを借りて

ジュースがなくなったココナッツの殻を

割っています。

 

そして殻の内側の白い部分を

美味しそうに食べはじめたのです。

 

 

私も同じようにしたい衝動に駆られましたが

次の下船がすぐとのことだったので

諦めました。

 

②ティートップ島で絶景を!

次に下船したのは

ティートップ島。

ここでは砂浜で海水浴をしたり

山頂まで階段を上れば

絶景を楽しむことができます。

 

 

ガイドさんが

「山頂まで階段を上って

ぜひハロン湾の絶景を楽しんで!」

と言っていたので

軽い気持ちで上がり始めたら

階段は急だし狭いし結構キツイ。

 

日頃歩いている人にとっては

それほどではありませんが

運動不足の人は辛いかも!

 

後で知ったのですが、階段は400段あるそうです。

 

やっと山頂に到着し

撮った写真がこちら!

 

 

疲れが吹っ飛ぶ絶景でした!

本当に天気に恵まれて良かった~。

私の晴れ女ぶりは

最近では自他ともに認めるところ。

 

帰りも足下に気をつけ

慎重に下山。

 

クルーズ船にもどると

南国系の双子の兄弟は

再びココナッツジュースを

注文したようでした。

 

 

もはや目が離せない南国系双子兄弟。

大阪君は明日街で(安いから)

ココナッツジュースを飲むことに

決めたようです。

 

3回目の最後の下船もすぐでした。

 

③スンソット鍾乳洞の見学

洞窟の入り口まで階段を上って行きます。

再び階段ですが

ガイドさんの言う通り

入り口まで100段でした。

ティートップ島より楽。

 

夫は毎日の筋トレの成果か

年齢のわりに元気です。

 

私がくたびれた様子で

階段を上っていたりすると

上から写真を撮るのが趣味(←悪趣味)

 

洞窟内部はとても広い空間。

 

 

石灰を含んだ水滴が

数万年をかけて

生み出した鍾乳石が

林立しています。

 

 

自然が生み出した

神秘的な造形美を

ライティングとともに

楽しみました。

 

 

そして、出口を出ると…

そこからの景色がまた美しい!

もう夕方。

 

うっすら夕日に照らされた絶景は

さすが「海の桂林」と言われるだけあって

水墨画を思わせる景色です。

 

↓↓私の一番のお気に入りの写真

 

ハロン湾は時間の経過と共に

異なる美しさを見せてくれます。

 

サンセットを見ながら港へ戻る

3つのアクティビティが終わり

あとは港へ戻るだけ。

 

南国系双子兄弟は

ココナッツジュースを飲み

割って中身を食べる

を繰り返している様子。

 

割ったココナッツの殻が

積まれています。

 

 

よ~し!

私も最後にココナッツジュースを

もう1個注文しよう!と思った時

デザートとお菓子が出てきました。

そしてワインかお茶も選べるようです。

 

 

港に戻るまで1時間ぐらいかかるので

デッキに出て最後まで存分に

ハロン湾のサンセットを

楽しみました。

とっても綺麗!

 

 

もうじき港。

船が到着する前に

最後にトイレを済ませておこうと

女子トイレに向かいました。

 

ふと反対側にある男子トイレを見ると

南国系双子兄弟が!!

 

順番待ち!?

双子が代わりばんこに!?

 

お腹壊した!?

 

 

午後6時頃、港に到着。

 

夫と大阪君も最後まで

トイレがあくのを待っていましたが

諦めて船を降り

港のトイレを探しに行きました。

 

まったく…

お腹を壊すほど

飲んで食べちゃいけないね~。

 

南国系双子兄弟

帰りのバスで大丈夫かしら…と

心配になりました。

 

バスでハノイへ

帰りも同じバスでハノイに戻ります。

途中1回トイレ休憩があり

ハノイ到着は午後9時頃。

 

帰りも各々のホテル近くで

降ろしてくれます。

 

南国系双子兄弟も

途中バスを停めることなく

無事下車。

 

こうして

日帰りツアーが終了しました。

 

おわりに

 

ベトナム・ハノイの旅で

一番楽しみにしていたのが

世界遺産ハロン湾の絶景を

見ることでした。

 

1人6,000円の日帰りツアーでしたが

十分過ぎる程

ハロン湾を満喫することができました。

 

3泊4日の旅で丸1日

ハロン湾に費やしてしまうのは

もったいないかな…

とも思いましたが

行って本当に良かった!

 

感動😂の1日でした!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。