あおのラララ♪ライフ

50代主婦の暮らしを楽しむブログ

ベトナム・ハノイ3泊4日の旅③・3日目前半(ホーチミン廟~旧市街散策)

こんにちは!あおです。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

今回の記事では

ハノイの旅の3日目を

振り返ってみたいと思います。

3日目は盛りだくさんなので

前半と後半にわけますね。

 

前回の記事の続きになりますが

よろしければお付き合いください。

 

aoraku.com

aoraku.com

aoraku.com

*目次*

 

3日目(11/22)

 

ベトナム・ハノイの旅も3日目

最終日となりました。

3泊4日は、あっという間です。

 

最後の1日でどれだけ楽しめるか

行きたいところがたくさんあるので

朝から焦っていました💦

 

朝食ビュッフェで

ゆっくりしたいところでしたが

そうはいきません。

私達には時間がないのです。

 

シクロでホーチミン廟へ

ハノイに来たからには

ベトナム建国の父である

故ホー・チ・ミン元国家主席の霊廟

「ホーチミン廟」を参拝しなくては!と思い

朝一番に訪れることにしました。

 

ホテルから約2.2kmなので

歩いていくつもりでしたが

ホテルを出た瞬間に

道を走るシクロ(自転車タクシー)

おじさんと目があってしまいました。

(↓これがシクロです)

 

おじさんが激しく勧誘してきます。

 

シクロにも乗ってみたかったので

とりあえず地図を見せて

「ホーチミン廟」まで2人だと

いくらで乗せてくれるのか

値段交渉してみました。

 

約2.2km徒歩だと30分ぐらいだから

シクロだと約15分ぐらいでしょうか。

 

30万ドン(約1,800円)!」

とおじさんが言うので

これは、ぼったくり価格に違いないと思い

高すぎる!とゼスチャー。

 

するとおじさん

20万ドン(1,200円)!」

といきなり10万値下げ!

 

そもそも相場はいくらなんだろう…

混乱しはじめた私達。

 

だいたい…

お金の桁が多すぎる!

 

結局、相場がわからないので、夫が

「オッケー!20万(約1,200円)で!」

と太っ腹な決断。

 

いいのか?!それで!

 

硬貨はほぼ流通していないので

紙幣だけで10種類!

桁は多いし

紙幣の顔はぜ~んぶ

ホー・チ・ミン氏💕

気をつけないと間違えます。

 

交渉成立したわけだから

乗せてもらって出発したけど

なんだかすっきりしません。

 

↓↓シクロに乗ってこんな会話をしてました。

 

:「20万(約1,200円)はまだまだ高いよ!これならタクシーのほうが安かったね!」

:「シクロは観光目的の浅草の人力車のようなもんだよ!おじさんは、これで生活してるんだからいいじゃないか…」

 

あとでシクロの相場を調べてみたら、1時間(2人)20万ドン(約1,200円)前後でした。ベトナムの相場で考えるとぼったくられている…

 

まあいいか…

 

ゆっくりまわりの景色を眺めながら

心地よい風に吹かれて進んでいくのは

とっても気持ちがいい!

 

写真を撮っていると

おじさんはゆっくり走ってくれるし

フォトスポットを

教えてくれたりします。

 

↓↓ベトナム国旗に、バイクの列

伝統的なノンラー(葉笠)

かぶったおばさん

これぞベトナムって感じの写真

 

 

↓↓途中、フォトスポットだと

教えてくれたのは

こちらのトレインストリート

観光客で賑わう場所として

有名なんだそうです。

 

 

普通に人が生活するスペースの真ん中に

電車が通り過ぎる線路があって

線路の両脇ギリギリまで

びっしりと建物が並んでいるのは

不思議な光景。

日本では見られませんね。

 

景色を楽しんでいたら

あっという間に

「ホーチミン廟」に到着です。

 

ちょっとぼったくられたけど

道に迷わず時間が短縮できたし

シクロ体験楽しかったな~。

また乗りたいな!

 

ホーチミン廟で英雄に会う

シクロのおじさんが降ろしてくれた場所には

長い列ができていました。

 

 

「ホーチミン廟」には

ベトナム国民が今も心から敬愛する

故ホー・チ・ミン元国家主席

祀られています。

 

廟内には冷凍保存された

ホー・チ・ミン氏の亡骸が

ガラスケースに入れられて

安置されてるのです。

 

廟内に入れる時間帯が短いので

観光客やベトナム人の参拝者で

毎日大混雑。

 

無料で入ることができますが

入館前にはセキュリティチェックがあり

リュックなどの荷物は預けます。

 

時間がかかりそう…と思っていたら

比較的スムーズに入場できました。

 

 

ベトナム国民にとって

非常に大切な場所のため

内部での私語や写真撮影は厳禁。

 

中に入ると

薄暗くヒンヤリした部屋の真ん中に

ガラスケースがあって

警備の兵士が四隅に立っていました。

 

ガラスケースの中のホーチミン氏は

とても綺麗。

まるで生きているように眠っていました。

 

「ホーチミン廟」周辺には

「ホーチミン博物館」

「ホーチミン氏の家」などもあり

1日かけてじっくり見学し

学びたいところです。

 

しかし時間がないので

再びハノイに来られることを願いつつ

旧市街に向かうことにしました。

 

旧市街散策(自由時間)

まだお昼前でしたが

このあと4時間ぐらい

夫と別行動でそれぞれ行きたいところに行く

自由時間にしました。

 

4時から「タンロン水上人形劇」

予約をしてあるので

3時半にホテルで待ち合わせです。

 

私は成田でレンタルしておいた

海外Wi-Fiルーターを使って

Google マップを頼りに

旧市街散策とお買い物の予定。

 

夫は相変わらず地図を見ながら

どこにいくのやら…

 

ランチは各自自由に食べることにして

スタートです!

 

旧市街とは

ホアンキエム湖の北に広がる古い地区。

古くは宮廷への貢ぎ物を作るため

多くの職人が集められてできたのが旧市街

 

網の目状に広がった細い路地には

独特の雰囲気が漂っています。

 

旧市街の別名は「ハノイ36通り」

かつて通りごとに

同業種の職人たちが店を構えており

その通りが36本あったことに

由来しているそうです。

 

Google マップがなければ

迷ってしまいそう。

 

フンフン通りの壁画アート

旧市街の鉄道高架下

壁画アート

楽しめる場所があるというので

行ってみました。

 

↓↓書道家が縁起の良い文字を

書いているところらしいです。

「成功」だけは読める🤔

バイクは本物!

 

↓↓「Streets Of Flowers」というタイトルの

華やかな作品。

花びらが道の方まで散っていると思ったら

落ち葉かな…ゴミかも💦

 

↓↓家の入り口。

窓には本物の扉がついています。

左の天秤棒を担いだ行商のおばさんは

立体パネル。

 

↓↓ハノイの古き良き時代の原風景

 

アーチ型鉄道橋に沿う形で

作品がまだまだたくさん並んでいます。

トリックアートのような作品もあり

とっても楽しい!

 

ハンマー通りはクリスマス

さて続いてはハンマー通り

普段、この通りの店は

紙細工やランタン

冠婚葬祭で使う奉納品などを

販売しています。

 

ところがクリスマスが近づくと

お店の商品が一斉に

クリスマス商品一色に染まり

クリスマス通りになるそうです。

 

この時期(11/22)は

ちょうどクリスマス通り

変わったばかりのようでした。

 

この記事はクリスマス前に投稿したかったんですけど、時期外れとなってしまいました😅

 

ヨーロッパの雰囲気とは違うけど💦

とにかく派手!

写真を撮るために観光客も集まっていて

活気に溢れていました。

 

 

↓↓ランタンが一緒に飾られていたり

独特のセンスが光る飾り付けが実に面白い!

 

↓↓サンタコスチュームがいっぱい!

 

↓↓こちらはリースがいっぱい!

 

クリスマスグッズを販売するお店が

ずらりと並んでいるのを

見ているだけでも楽しかったです。

 

ランチはバインミーとココナッツジュース

歩いていたらバインミーのお店を発見!

お腹が空いてきたので

ランチはバインミーにしました。

 

具材は色々あったけど

チキンにしました。

 

ローカルなバインミー

それほど美味しそうに見えないのに

美味しい!

 

フランスパンのような見た目だけど

全然違って

とっても軽くサクサク食べられます。

 

 

そして別のお店で

ココナッツジュース

みつけました。

 

前日のハロン湾クルーズで飲んだ

ココナッツジュースの味が

忘れられなくて、もう一度!

 

う~ん……ぬるい。

ココナッツによって味が違うみたい。

今回はちょっと残念かな。

 

 

ハンクアット通りではんこ作り

ハンクアット通り

はんこ店や仏具店が並ぶ通り。

 

↓↓こちらは

はんこのオーダーメイドができる

「フックロイ・スタンプ」というお店。

ガイドブックにも紹介されている

有名店です。

日本語も多少通じます。

 

 

オリジナルの絵を描いて

注文することもできますが

私は、すでに彫ってあるはんこの中から

好きな絵柄を選び

名前を入れてもらうことにしました。

 

ノンラー(葉笠)アオザイの女性など

ベトナムらしい絵柄がとっても素敵!

蓮の花などの花系、動物系、昆虫系も

雰囲気があってとても惹かれました。

 

気に入ったものがたくさんあって

絞りきれず悩んでいると

「ぜんぶすぐできるよー」

というおじさん。

 

その時、お客は私だけだったので

とりあえず名前を

ローマ字で紙に書いて

1個彫ってもらいました。

 

なんと!

5分もかからずにあっという間に完成!

さすが職人技。

 

仕上がったら

白い袋に試し押しをして

わたしてくれます。

 

「そうだ!おみやげにしよう!」

と思い5個も彫ってもらいました😅

 

 

この手彫りのかわいい木製はんこは

ひらがな、漢字もOKで

1個7万VND(約400円)でした。

 

ハンボー通りは手芸女子の聖地

手芸好きなら必見のハンボー通り

この通りの店には

レトロな布、リボンやレース

糸やボタン、手芸に使うあらゆる物が

所狭しと置かれていました。

 

無造作に積まれた商品の中から

掘り出し物を探すのも楽しそう!

 

私は手芸女子ではないけれど

アンティークなボタンが気になりました。

 

 

うわっ!長くなってしまいました🙇🏻‍♀️

今日はこのへんで終わりにします。

 

次回は最終回

旧市街散策の続き

「タンロン水上人形劇」です。

 

長文、最後までお読みいただき

ありがとうございました。